海外FX口座の実質スプレッドを業者別に比較しました

 

海外FXの業者ごとにスプレッド
を比較していれば、業者選びの際に
非常に比較しやすいので便利だと思います。

 

実際に私が使用している(使用したことのある)
海外FX口座で信頼のある業者のみを
ピックアップし、スプレッドを比較してみました。

 

比較する業者は
・XM
・Tradeview
・AXIORY
・TitanFX
・Land-FX
・iForex
の6つを比較していきます。

 

 

✓記事の内容

•海外FXスプレッド比較

•スプレッドトータルランキング

•FinalCashBackを経由してキャッシュバックを貰おう

 

 

海外FXスプレッド比較

 

海外口座は主にSTPとECNの2つが
存在します。
今回はSTPとECNの2タイプの
スプレッドを比較します。

 

STP口座=スタンダード口座
と言う解釈で大丈夫です。

 

尚、当記事では私が使用した中で
オススメのブローカーでのランキングに
なります。

 

口座開設される方は、
こちらのキャッシュバックサイトさえ
登録してしまえば、どの口座であっても
取引ごとにキャッシュバックが
貰えるのでお得になります。

↓↓↓

 

 

詳しくは最後に記載しています。

 

 

STP(スタンダード口座)のスプレッドを比較

 

スタンダード口座は変動制ですので、
平均値で記載しています。

 

FXブローカー ドル円 ユーロドル ユーロ円
XM 1.6 1.6 2.6
Tradeview 1.8 1.7 1.9
AXIORY 1.5 1.3 1.7
TitanFX 1.3 1.2 1.7
LandFX 0.8 0.8 1.5
iForex 1.8 1.8 1.8

 

 

ECN口座のスプレッドを比較

 

ECN口座もスプレッドは平均値で記載しています。

FXブローカー 手数料 ドル円 ユーロドル ユーロ円
XM 往復1000円 0.1 0.1 0.6
Tradeview 往復500円 0.1 0.2 0.5
AXIORY 往復600円 0.5 0.3 0.7
TitanFX 往復700円 0.3 0.2 0.7
LandFX 往復800円 0.3 0.3 0.6

 

iForexに関しましては、ECNを採用していないので、比較はしていません。

 

 

スプレッドトータルランキング

 

 

 

NO.1  Tradeview(ECN)

 

STP口座、ECN口座のトータルで比較
した場合、Tradeviewがスプレッド面
で1位になります。

 

Tradeviewは私のメイン口座でもあり、
手数料の安さと
スプレッドの低さに使い勝手を
凄く感じています。

 

さらに、当記事のスプレッドは
平均スプレッドですので、場合によっては
スプレッド0pipsといったことも起こります。

 

朝のボラティリティーがない時間帯などは
どの業者も同じですがスプレッドが
開く傾向がありますので注意は必要です。

 

 

FinalCashBackを経由してキャッシュバックを貰おう

 

記事の最初にも書きましたが、
FinalCashBackというキャッシュバックサイト
を経由してFX口座を作ることにより
取引ごとにキャッシュバックがもらえます。

 

FinalCashBackは日本国内向けに作られた
サイトですので日本人の利用者も
多く、サイトも非常に見やすいです。

 

FinalCashBackの登録は3分もあれば
すぐに出来てしまいます。

 

登録さえしてしまえば、
新しいFX口座を作りたいと思った場合に、
キャッシュバックサイトを経由して
複数口座を持つことも可能ですので、
登録を行っていて損はないと思います。

 

FinalCashBackの登録はこちら

 

 

詳しくはこちらの記事に記載しています。