不確実性の相場だからこそ優位性のあるトレードが重要

 

 

全然相場が当たらない。
トレードで勝てない。
といった悩みが解決する記事に
なっています。

 

相場での勝ち負けは手法で判断されがちな
部分はありますが、正直手法などどうでも
良いです。
ですので、手法に関する記事は一切
書いていません。
手法より大事なことは相場には山ほどあります。
そのような大事なことを、当記事では書いています。

 

商材などは、システムトレード気味の
テクニカル分析を主にした手法を
教えられたりします。
そのようなものでは勝てるように
ならないのでこちらの記事も合わせて
読まれると勉強になると思います。

 

 

 




 

 

アナリストたちの予想は当てにならない

 

年初にアナリストたちが年末の株価の価格を予想します。
まあ予想がひどいことです。
ほとんどの人が当たりません。

 

それもそのはずです。
どんなに凄いアナリストであろうと年末の価格など
読めるわけがありません。
こういう風に言うと
「でも予想している値段付近まできていますけど?」
よ言う人も出てきます。

 

複数人予想している人がいれば数人くらいは予想が
当たると思います。
でもあくまで予想が当たっただけです。

 

結局何が言いたいかというと、相場というのは
プロでさえ当てるのが無理なのです。
あくまで自分なりの分析方法で分析をし、
予想をするだけです。

 

 

 

チャート分析はあくまで予想にすぎない

 

先ほども言いましたが未来を当てるのは神にしか
できないので、我々投資家というのは値動きに柔軟に
対応していくしかありません。

 

予想というのは期間が短いほど当たりやすく、
期間が長くなればなるほど予想が外れる
傾向があります。

 

よくスイングや長期トレードの方が簡単などと
言われます。
しかし、スキャルピングなどの技術が必要な
トレードを省けば断然短期の方が
予想しやすく、予想が当たることが多いかなと
思います。

 

 




 

 

投資が上手くても負けはある

 

投資というのは勝ったり、負けたりを繰り返し
ながら資金を増やしていくゲームです。
お金が動いているからと言い、感情をむき出しで
トレードするとお金を吸い取られるだけです。

 

コインを増やす感覚のゲームで挑む方が
メンタル的にも技術的にも成長するかと
思います。

 

どんなに上手なトレーダーでも勝率10割などは
存在しません。
絶対に負けもあります。
しかし、徹底的に資金管理をし、損小利大で
トレードできているから生きているのです。

 

損小利大さえ守れれば勝率が4割であろうと
3割であろうと勝ち続けることができます。

 

 

 

優位性を持ってトレード

 

ですので、トレードでエントリーするのは
自分の優位性があるところでしか
してはいけません。

 

逆に優位性があるところでエントリーする場合は、
ロットを大きく出来る覚悟も必要です。
もちろん絶対勝てるとは言えないが、
優位性があり、エントリーしているのであれば
利益が出やすい場面でもあります。

 

勝負でロットを張るためには、
それ以外のトレードで資金を減らしてしまっては
本末転倒です。
ですので資金管理を徹底し、ルールを守り、
優位性のあるところを厳選してトレード
していかないといけません。

 

 

 

まとめ

 

少し話が上手にまとまらなかったので、
最後にまとめさせてもらいます。

 

相場はプロトレーダーやアナリストさえ当てることは
できないです。
プロやアナリストの方たちがしていることは
予想をしているだけです。
結果論としてたまたま予想が当たったことに
すぎません。

 

予想をするためには自分の中の優位性を
見つけ、確率が高い場所を選びエントリー
しないといけないのです。

 

そのためには日々の勉強や検証も大事に
なってきます。
時間を作ってでも、日々勉強する覚悟が
ないと相場というのは生き残れないです。

 

素人が3ヶ月ほどの短期間で書籍を読み、
勝てるほど甘い世界ではないのです。
ですので、本気で勝ちトレーダーに
なりたいのであれば、日々勉強をし、
自分の優位性を見つけてトレードしてください。

 




 

 

オススメ記事
→初心者がいきなり勝てるほど投資は甘くない
→周りの人間が遊んでいる間に努力しろ